カテゴリ:雑感( 1 )

義の仇討 鍵屋の辻

テレビ東京系 新春ワイド時代劇 「義の仇討 鍵屋の辻」を見た。

荒木又右衛門は義弟の仇討ちの助太刀を頼まれ、
侍の義の為これを受け、見事仇討を果たした後、
世の祝福を受ける。
【我】を【美しくする】【義】に生き、最後は潔く切腹し、
格好良く死んだ。

かたや老中 土井利勝は柳生宗矩を使い、
【悪】の限りを尽くして、幕府安泰と平和を成し遂げた。

荒木又右衛門は強くて実に格好良い。

けれどふと思う。
仇討ちを断り世間から蔑まれ格好悪く生きるってのはどうかな‥。
「格好悪く生きる強さ」そんな【男の美学】はどうだろう。

[PR]
by rinnhige | 2006-01-04 07:25 | 雑感