カテゴリ:奈良遊び( 12 )

最近見つけたお気に入りの居酒屋

最近 味良し 雰囲気良し そして料理の出るタイミングが絶妙 しかも安い

そんな店 近鉄奈良駅近く中筋町にある 居酒屋 一蓮 に時々行ってる。

金曜日 相方の地方情報紙記者と若手女流書道家 紫峯さん と行った時

食事の途中店主が3人のプロ マジシャンを連れてきて紹介してくれた。
f0032767_20574979.jpg
f0032767_2058931.jpg
f0032767_20581971.jpg

ここには何だか楽しい出会いがある。

その次の日はカウンターで呑んでると隣の席に若手の男性舞踊家が   話が弾む



                                          店主はこんな感じ
f0032767_2183398.jpg


次はどんな人との出会いがあるのだろうか?

人との出会いといえば最近 押熊 にあるギャラリー 津~遊 さんでも行くたびに

素敵な人と出会える。
[PR]
by rinnhige | 2009-03-22 21:17 | 奈良遊び

佐保川堤防のさくら祭り

4月3日から始まる佐保川堤防の桜祭り今年で10年目を迎え記念にボンボリに有名人の 絵、書 で桜祭りを盛り上げるとか



                    ある女流書道家の字です  
f0032767_12131885.jpg

春風に乗って優雅に舞う桜 そして桜吹雪は黄金桜

3日はボンボリに灯が入った頃夜桜見物に行って探して見る
[PR]
by rinnhige | 2009-03-16 12:21 | 奈良遊び

和紙の帽子と手編みの襟巻き

先週suariに行くと店主が突然断食に入って休み(まだオープンして間が無いのに休んでてい

いのか)だったので奈良北町 佐保川温泉の前にある 雑貨とカフェ バルドーさんに行った。

やはり築ウン十年の古民家に現在 フランスにお住まいの娘さんがフランス蚤の市で買い求

めた雑貨が置いてある店 ゆったりした椅子にどっかり座って(何時もの指定席)たら40歳絡

みの色白の常連さんらしき女性が来客、

他に客がいなく何となく前の椅子に座ってもらいママさん交えての会話

その女性もう十何年もやりたい事が有るのに踏み出せなく迷ってる引っ込み思案な人

どうも自分に自信が無い様に見えたので思い切って飛び出したら、たとえばこんな風に男の

ハンチング帽子を被せて襟巻きを巻いやった(少しふざけて)

あ、美人 可愛くなった 十歳は若く見える ママさんと二人してビックリ 

ママさん、貴方鏡見て の言葉に鏡の前に立ち これ誰 自分じゃないみたいとはにかんでる

姿が又可愛いの
f0032767_16471833.jpg

このまま奈良駅まで歩いて行ったら途中2~3人の男から声がかかること間違いなしと言って

店を出た


因みにこの帽子、クラフト市で買い求めた和紙の帽子に柿渋を二度塗りした物

襟巻きは近鉄駅近くの 小さな町家ギャラリーで買い求めた手編みの襟巻き

この冬はズーとこれですごしました
[PR]
by rinnhige | 2009-03-09 16:50 | 奈良遊び

月末限定ギャラーリ  あすか野 庵(いおり)

生駒市あすか野野北に毎月、第4週目の1週間 日曜日~土曜日 限定のギャラーリに行ってきた
あすか野の住宅街の中にあって自宅の横に蔵を建て雑貨、ステンド、古い物を展示してる。以前買い求めた古い蔵の扉に合わせて建てたと言う蔵に入ると正面に欅の階段箪笥、自作のステンドの衝立、火鉢に丸いガラスを置いてテーブルに等、等どれもレベルが高い
f0032767_8521690.jpg
f0032767_8522869.jpg
f0032767_8524353.jpg
f0032767_8525395.jpg
f0032767_853337.jpg

それにしても月 7日 だけの営業とは贅沢な  オーナーの谷紀子さん毎日店を開けてると外に遊びに行けない、明日から青森にスキーに行くと 毎年、年4回各地へ大名スキー三昧 何とも羨ましい
[PR]
by rinnhige | 2009-03-03 09:07 | 奈良遊び

書家 紫峯さんの指導で

奈良北町 勇湯 の隣に昨年オープンした カフェ葉音 何時もライブやコーラスの練習やらイベント一杯の素敵なカフェ、相方のまるさんに今回習字を教えてるから行こうと誘われ苦手な書道に挑戦、人一倍字の下手な小生に何時も書いてる反対に書いてにて下さいと一言のアドバイスを頂気楽に新聞に4~5回練習するうちに何だか楽しくなってきたから不思議、教え方上手~い しかも美人  
f0032767_13275468.jpg
f0032767_13281651.jpg
f0032767_13283433.jpg
f0032767_13284629.jpg

                      ヒゲさんの書いた字
f0032767_13285623.jpg

[PR]
by rinnhige | 2009-02-04 13:38 | 奈良遊び

奈良100年会館で河瀬監督 殯の森 上映

6月23日 殯の森上映会に

一コマフイルム会員の招待状を持って見てきました
f0032767_1145471.jpg


100年会館
f0032767_1146573.jpg


流石カンヌグランプリ受賞だけに凄い人気で既に開場10分前に行ったが長い列が出来てた
f0032767_11461718.jpg


主演男優 ブックカフェ主人の宇田滋樹さんの森の中の土を掘るシーンが凄く印象にのこってる

河瀬映画は役者が演技をさせない監督だと聞いてたので翌日宇田さんにあの時の心境を聞いてみたら
夢中で土を掘ってて気がついたら木の枝を使ってた

あれは監督の指示じゃなくそこに木の枝があったのでそれを使って思い切り掘ったんだって

あれは演技じゃないわ
[PR]
by rinnhige | 2007-06-26 12:10 | 奈良遊び

木の茶の間 輪 で使用 してた思い出の一品

ケヤキのテーブル

現在 古書喫茶 ちちろ に置いてあります
f0032767_15205632.jpg

[PR]
by rinnhige | 2007-06-19 15:21 | 奈良遊び

下三橋遺跡 現地説明会

暑い中JR大和郡山駅から歩いて行ってきました。


平城京に十条大路-大和郡山・下三橋遺跡 

f0032767_941161.jpg


 大和郡山市の下三橋遺跡で、平城京の十条大路跡が見つかった。同市教委と元興寺文化財研究所が13日発表した。定説だった南北九条の復元が覆り、十条まで施行されたことが確実となった。これまでの想定より約530メートル南に広がる。一昨年の調査で九条大路以南の道路遺構が見つかり、京域の広がりは間違いないとみられていた。

 商業施設の建設に伴い、約3400平方メートルを発掘調査。東西に延びる十条大路は、長さ約9.5メートルを確認した。側溝の中心間で幅約15.7メートルあり、三条大路と同規模だった。京域の南端を区切る羅城(城壁)や塀跡は見つからなかった。

 周辺には建物跡がなく、宅地として利用された可能性は低いという。これまでの調査から、九条以南の道路は平城遷都から約20年(730年ごろ)までの間に埋め戻したことが分かっている。十条大路も側溝を埋めて農地化されていた…

f0032767_942724.jpg

[PR]
by rinnhige | 2007-06-19 09:05 | 奈良遊び

奈良はなんて贅沢な 奈良女 平成19年公開講座が無料

今回の講座は
 
火と鉄と都市の日本史

近代日本史の研究家の 奈良女子大 小路田野泰直教授が 近代から鉄の路を推理して

邪馬台国は何処か を解き明かしていく。

こんな面白い歴史講座聴いたの初めてです。

     1回   2007年6月15日〔金〕 pm6時~8時

     2回   2007年6月22日〔金〕 pm6時~8時

                                        と2回に分けてあります。

今なら2回目間に合いますよ。

このブログほ見られた方で興味の有る方は是非聴講してみては。

一変に小路田ファンになると思いますよ。

相方の輪丸さんは 早速 小路田泰直著を買い求めていました。



f0032767_2201151.jpg
f0032767_903655.jpg

[PR]
by rinnhige | 2007-06-11 19:02 | 奈良遊び

2週続けて山村流の舞を鑑賞

4月9日 ならまち格子の家に山村流の上方舞を鑑賞しに行った。
ならまち格子の家の二階の空間に屏風と蜀台‥。
たたみのすれる音が聞こえるほどの距離での座敷舞を堪能した。
(実際は良く磨きこまれた板の間)

演目・演者
地歌 「滝づくし」   立方  山村若日女   地方 三弦 菊聖公一  琴    菊萌文子
地歌 「御山獅子」                 地方 三弦 菊聖公一  琴    菊萌文子   
地歌 「由縁の月」  立方  山村若女    地方 三弦 菊聖公一  胡弓  菊萌文子

若女さんの舞った地歌「由縁の月」はいわゆる[夕霧狂言]の流れのひとつ。

大坂新町吉田屋の遊女、夕霧。
(当時一世を風靡した実在の人物)
新町時代は籠の鳥の身の上をなげいたものだが、身請けしたのは思わぬ人。
恋しい人は以前なら客として逢いに来てくれたものを、今はそれすらままならぬ。
そんな境遇を月影によせてかこつ‥という内容。

遊女夕霧の恋しい人は放蕩を続けたあげく勘当された藤屋伊左衛門。

実は30年程前小唄を少し習った事がある、その時「吉田屋」をさらった事を思い出した。

小唄「吉田屋」の伊左衛門の背景が今分かった。
地歌の解説で30年前に稽古した小唄のことが鮮やかに甦る。
こちらも同じく[夕霧狂言]ものであるようだ。

小唄「吉田屋」 本調子

    うらぶれし わが身ながらも 恥ずかしい 人目をつつむ あみがさや

    かみこ しとえの  は あんだ   さむき しはすの風の そでびょうぶ

    ところ新町  吉田屋の   門にしょんぼり   伊左衛門


小唄では一転落ちぶれて吉田屋の門に佇む伊左衛門を悲しく唄う内容だ。

久しく三味線を取り出してみたが皮が破れて修理しないと使えない。
30年もたつと小唄もほとんど忘れてしまったが、思い出して少し唄ってみた。


以下歌舞伎辞典より引用
大坂の傾城夕霧と藤屋伊左衛門を主人公とした物語は、初代坂田藤十郎以来様々に
脚色されて上演され続け、「夕霧狂言」と呼ばれる一つのジャンルを形成しました。
『廓文章』は現在でも上演される「夕霧狂言」の代表作で、通称を「吉田屋」といいます。
主人公の伊左衛門は親に勘当された商家の若旦那です。
紙衣【かみこ】姿に身をやつして恋仲の傾城夕霧を吉田屋に訪ねる花道の出や、
他の客の相手をする夕霧に嫉妬してすねる姿など、伊左衛門の演技には和事の典型を
みることができます。
[PR]
by rinnhige | 2006-04-10 14:22 | 奈良遊び